α6400 その3(Raw現像とSDカード)

説明書を読むのが面倒なのでとりあえず撮ってみようと街へ持ち出しました。

結構重い。

ファインダーより先にモニターに映ってしまうので、覗かない。

ディスプレイの画質が悪いのか、綺麗なのか?これは?こんな高いカメラで???と不安になった

SDカードが認識しない

SDカードは32GBを引き続き使用
K-3の時は、RAW+JPEGでかなりの枚数いけたんですが
α6400をRAW-JPEGにしてデフォルトのファイン、24Mで撮影したら7枚しか撮影できないwwww嘘wwwwあわててフォーマットしました。PCで削除しただけではだめでしたね!撮影可能が922枚になりました!

まあどのみち32GBは足りないだろうと思って同じTranscendの64GBを買い
本体でフォーマットしたら、撮影は問題ないもののMacで認識せず・・・
(´Д`)ハァ…

[amazonjs asin="B07DVGDQHR" locale="JP" title="Transcend SDカード 64GB UHS-I U3 V30 対応 Class10 (最大転送速度95MB/s) 5年保証 TS64GSDC300S-E【Amazon.co.jp限定】"]

このコンピュータで読み取れないディスクでしたって出てきます。

撮影したものがあるのでフォーマットするわけにいかず、仕方ないのでUSBでMac接続してみたところ、Lightroomも写真appも認識しました。

一旦読み込んでフォーマットのつもりで、ダイアログの初期化を押しました

Macでのフォーマット方法 (OSX El Capitan以降[Mac OS 10.11~]) - 株式会社センチュリー http://www.century.co.jp/support/faq/mac-osx-el-capitan-format.html

何も起こらないしディスクユーティリティに何も出なくなったので(それまではマウントされていないとグレーアウトしていた)抜き差ししていると、フォーマットなしでデータも消えずマウントしました。謎。

レビューではカードの厚みがあってカメラに引っかかるだの、データが消えるだの恐ろしいことが複数書いてありましたが大丈夫なんでしょうか 笑

RAWがLightroom6に取り込めない

RAWのファイルがDNGじゃなくてARWなのね・・・

長くなるので解決方法は記事の一番下にまとめました!!

(どうしたらいいんだろう)と思いながらLightroomで読み込みしてみました。
するとLightroomでサポートされていない形式とでて読み込めない

(ちなみにXeeとプレビューappでは開ける)
(え、天下のAdobe様のLightroomはARW開けないの???)

調べると、ARWをDNGにすると読み込めるらしい。

α7Ⅲで撮影したRAWがLightroom Classic CCで読み込めない?対処方法! https://oreteki-design.com/raw-dng-lightroom-conversion

そしてDNGコンバーターもやってみたんだけど、認識しない。DNGコンバーターのバージョンが古かったのかな?と思い再度検索。

面倒臭い・・・毎回こんなんしたくない・・・Adobeに殺意がわく・・・

と思って別の記事を調べていたら、Lightroom6のバーションをあげるといいらしい

SONYのα7シリーズの非圧縮RAW「ARW形式」をLightroom6で現像する方法 - ガジェマガ https://2week.net/10285/

確かにアップデートを押しても何もなかった。手動でしてあげないといけないらしい。殺意しかない。CCの客以外は客じゃないんだろうね。

Lightroom使わなければいいのだろうけど、VSCO Filmを買ってしまっているし手放せない(でも、VSCO Filmってもう販売していないんだね・・・アプリ一本化・・・)

そして手動で6.14に

しかし

DNG変換じゃだめなのかとARW選んでコピー

えっ

もしかしてだめなんですか?

震えながらググるとダメらしい。

Lightroom 6 で RW2 形式の RAW 画像が読み込めない原因は Camera Raw サポートバージョンが古いため https://nj-clucker.com/not-recognizing-rw2-raw-files-on-lightroom/

つまり Lightroom 6 においては、Camera Raw 10.1 まで に対応したカメラで撮影した RAW 画像しか編集できないのが結論になります。

あああああああ〜!(悲鳴)

α6400が対応してるCameraRawは11.2.1!!!!!

うかつに最新のカメラを買ってしまった

Rawの形式なんて統一されてるもんだとばっかり思ってた。

2年前のソフトだからしゃあないのか・・・・?動かなくなるまで使うつもりが・・・・

もうDNGに変換するしかねえ(CCの月額なんて払えませんよ)

改めてDNGコンバーターのページを確認

https://supportdownloads.adobe.com/product.jsp?platform=Macintosh&product=106

11.2.1からα6400に対応しているみたい。

改めて最新11.3をインストールしてやってみる

できた

Lightroomで読み込めた。

できてよかった。

でも、これめっちゃめんどくせえ

手順が一個どころか何個も増えた。嫌すぎる

その都度変換するか、クリエイティブクラウドにするか、jpegだけを楽しむかの3択になりました(ため息)

なお、LightroomでDNGを開くと、現像の時にプロファイル補正したら湾曲は補正してくれる。でもカメラ内の補正をONにしたからか、jpegもきちんと補正されてるっぽい。

設定つついてないので絞り優先で撮っただけのjpegです。ネットで見てたらソニーユーザーはjpeg撮って出しが多いのかな・・・?

SEL1670Z ISO800 19mm f8.0 1/640

Wordpressにアップロードした時点でだいぶ劣化してしまうのでなんともいえないのですが、iPhoneに転送した時より、Macで見たら綺麗と思いました。

色はjpegがすこーしマゼンダっぽい気がする。気のせいかな。ピントは当たり前にクッソ合ってる(安心)

なにがそんなにネットで酷評されてるの私にはかわからない。猫に小判かもしれん。

せっかくなのでまとめました

ARWをLightroomに読み込ませる

①以下よりDNG Converterをダウンロード、インストール

Adobe - Adobe Camera Raw and DNG Converter : For Macintosh https://supportdownloads.adobe.com/product.jsp?product=106&platform=Macintosh

Windowsはこっち

②アプリを起動し、ARWのあるフォルダを指定し、変換後のフォルダも指定して変換ボタンを押す

③変換したDNGをLightroomで読み込む